| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    移動は辛いほうが楽しい?
    0

       「私は旅が好きです。でも、到着するのは嫌いです。」
      アインシュタインの言葉。

      《初めてブログを見てくれた人へ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
      (PCとスマートフォン対応)
      現在12位!ベスト10位まであともうひとこえ!アナタのクリックで元気が出ます。
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

      緊張していた移動が、最近楽しくなってきた私。

      ツアーやVIPバスやツーリストバスは
      宿から目的地まで直接行けたりするから便利だけど、

      あえて、ローカル交通に乗るのが、辛いけど楽しい。


      ビエンチャンからバンコクのカオサンまでの移動。

      VIPバスなら直行便一本で行けるけど、
      私はなぜか、
      徒歩→バス→国境間バス→トゥクトゥク→列車→徒歩→船 と乗り継ぎました。


      待ち時間も含めて、宿を出てから、宿に着くまで、総移動27時間!
      手間の割に、料金もそこまで違わない場合が多いです。

      「なんであえてそんな面倒な方法で行くの?」
      と思われるかもしれません。

      ローカル交通を使う一番の魅力は、地元の人と関われること。

      バスを待つ女性。


      道を尋ねる。
      会話を盗み聞きする。
      あわよくば会話に入る。


      バスはめちゃくちゃ汚いし、
      窓が割れていたり、蚊が群れをなしています。


      ドアの一番近くに座った人が、手動でドアを閉めていたり、

      お年寄りに席を譲ると、満面の笑みが見せてくれたり。

      バスが激しく揺れてよろけたら、みんなでプププと笑えたり。


      そんな出来事が旅の楽しみ。


      イミグレーションにて。
      我先にとギュウギュウに並ぶおばさん。


      ある日の移動。

      満席のバスに、
      さらに通路にパイプイスを置いて、地元の人がギュウギュウに座った様子。

      辛すぎて、妙なテンションで写真撮ってしまいました。


      夜には、となりのおじさんが私の肩に頭を置いて寝てて、

      ななめ前のおばさんが、私の太ももをひじ置きにして寝てる。



      なにより、達成感。

      行く所はいつも、見たことも行ったこともない所。
      自分足で乗り物を探して、国境を探して、
      クッタクタの身体で、未知の町に到着する。
      ツアーやツーリストバスでは味わえない感動です。



      ツラーイ移動を楽しめば、旅は10倍楽しくなる!


      Now Playing:ohana「shake your hands」

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |23:51| ラオス | comments(4) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      コプチャイ・ライラーイ。
      0

        一週間のムアンゴイでの生活も最終話。
        ラオス語を覚えて、優しい人たちと出会い、
        村の暮らしの仲間に入れてもらいました。

        《初めてブログを見てくれた人へ》
        世界一周ブログランキングに参加しています。
        下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
        (PCとスマートフォン対応)
        現在11位をキープ中!いつも応援してくれてありがとう♪もうちょっとでベスト10位入り!
        ↓ワンクリックで応援してね♪↓
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




        ある日には、仕事の手伝いをさせてもらいました。
        セメントの材料になる、赤い土を掘る仕事。


        スコップで掘って、素手で袋に詰めて、
        トラクターで運びます。
        簡単そうで、重労働。





        またある日には、本屋さんが呼び止めてくれて、
        ラオティーと呼ばれるお茶も5杯くらいご馳走になりました。

        「裏の畑で採れた葉っぱで作られたお茶だ」と教えてくれました。
        ほのかにジンジャーの香りがする、ホッとする味。


        ある日には、「ラオラオ」という泡盛みたいな焼酎を
        昼間っから飲みました。(飲まされました)

        ひとつのグラスでまわし飲みが、ラオスタイル。
        断ることは許されません。。


        ある日には、晩御飯の食卓に混ぜてもらいました。

        カオニャオというモチ米を手づかみでつかみ、
        焚き火で焼いた魚や肉をおかずに食べる。

        ヨダレや肉汁で口と手をベトベトにしながら、食べる。

        誰かの選挙演説みたいな熱いトークを聞きながら、食べる、食べる。


        みんなで食べるご飯は、こんなにも美味しいんだ。


        最終日には大人も子供も、5人くらい集まって、
        私にラオス語を教えてくれました。

        「ミミズ食べる?」「私はミミズを食べます。」
        そんなくだらない会話で、みんなで笑った。







        おばさんや子供は、カメラを向けると驚くから、
        あまり写真は撮れなかったけど、みんな優しい。

        異邦人の私に、筍スープや焼き魚を分けてくれました。


        道を歩けば、「カナコー!」とどこかから、呼ぶ声。


        できればもっと、ここに居たかった。

        でも、旅人の私は、前に進まなくちゃ。


        ありがとうムアンゴイ。

        コプチャイ・ライラーイ(めっちゃありがとう)!

        またいつか。


        Now Playing:クラムボン「Folklore」

        * * * * * * * * *
        ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
         ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
          ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
        http://twitter.com/#!/itoutukushi
         スマートフォン・携帯の方は
        「itoutukushi」で検索してね♪
        ¥¥* * * * * * * * *

        |19:06| ラオス | comments(8) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
        透明になる。
        0

          ラオス北部、ムアンゴイでの暮らし。
          感動した景色が、やがて生活と密着し始めると
          新しい感動が生まれます。

          《初めてブログを見てくれた人へ》
          世界一周ブログランキングに参加しています。
          下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
          (PCとスマートフォン対応)
          みなさんのおかげで順位上がってます!11位くらい!もうちょっとでベスト10位入り!
          ↓ワンクリックで応援してね♪↓
          にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


          朝8時、ニワトリの声と、
          近所から流れるラオス歌謡曲で目が覚める。
          誰かが大音量でカラオケを楽しんでいる。


          顔を洗って、服を洗って干して、
          バナナとパンをビニール袋に入れて、出かける。




          崖を降りて、川を渡って、草むらを歩いて、

          野生のバッファローに遭遇して、
          彼らのフンを踏まないように気をつけて歩く。


          また川を渡って、砂利道を歩くと、白い砂のお気に入りの場所につく。


          そこで、山から霧が抜けていく様子を見ながらパンを食べる。


          土の感触、水の冷たさ、虫のうざったさ。

          景色のうつくしさは、ベランダから眺めるものと同じだけど、
          実際に足を踏み入れると、それは全く違うものになります。


          娯楽がないのは潔く吹っ切れて良い。

          ネットがあればネットを見てしまうし、
          お店があれば買い物をしてしまうから。


          川の流れる音と、動物の声と、
          遠くから聞こえる船のエンジン音。


          ただこれだけの世界。

          近代的な娯楽から解き放たれたとき、
          頭が驚くほど「透明」に近づく。




          午後には橋を渡って、ブタ小屋の横を通って、小学校に行く。
          そして山道を散策して、お気に入りのベンチまで歩く。

          水がぬるくなる午後に、シャワーに入る。


          夕方は村をとぼとぼ歩きながら、
          時には立ち止まって赤茶の土の上に座って人々を眺める。
          笑顔で「サバイディー」と挨拶する。

          だいたいは笑顔で返事がくる。
          若い男の子はニヤリとする。
          おばあさんはたまにしかめっつらをする。
          子供は恥ずかしがって逃げる。

          似顔絵を描いてあげると、めちゃくちゃ喜ぶ。


          そんな毎日を繰り返して。
          頭が透明になるにつれて、胸に何か熱いものがこみ上げてきます。

          この気持ちは何なんだろう。


          「〜しなければならない」
          「〜であるべきだ」

          日本で培われた、縛られた私の考え。


          この村がくれるひとつひとつの感触が、
          そんな私の頭を、
          ひとつひとつ、やさしく紐解いてくれるようです。


          Now Playing:ポリプロピレン「透明になる」

          * * * * * * * * *
          ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
           ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
            ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
          http://twitter.com/#!/itoutukushi
           スマートフォン・携帯の方は
          「itoutukushi」で検索してね♪
          * * * * * * * * *
          |13:44| ラオス | comments(6) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
          | 1/2 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.