| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    カンボジアとバレーボール。
    0

      「治安が悪い」という情報で怯えながら始まったカンボジアの旅。
      でも実際は・・・?

      《初めてブログを見てくれた人へ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
      (PCとスマートフォン対応)
      現在17位くらい!毎日クリックありがとうございます♪10位圏内に戻れるかな?
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      「カンボジア」という国の名前を聞くと、
      どんな印象がありますか?

      「内戦」「貧困」「地雷」
      なんて言葉が浮かぶ人も多いかと思います。


      カンボジアは、タイからのアクセスも良く
      旅人にとっては定番の観光地です。
      街も想像以上に栄えていて、お店や物で溢れています。


      ですが、夜の一人歩きは危険で、
      タイやラオスよりは治安が悪いと聞いていたので、
      最初はかなり神経質に人と接してました。


      実際にタイとの国境を越えて最初は、
      なんとなくカンボジア人は元気がないような、
      少しスレているような印象を受けました。


      途中に寄ったレストランでも、子供が手にミサンガを巻きつけようとしてきて、
      巻きつけられた人はチップを求められていたり。

      町に着いたらトゥクトゥクの運転手がひっきりなしに声を掛けてきたり。

      うーん、こうゆう感じかぁ、カンボジア。
      とモヤモヤしながらすごしました。


      そんな時、窓の外から聞こえてくる元気な声。


      ホテルの横に立派なコートがあって、
      カンボジア人がバレーボールをしているのが見えました。

      恐る恐る、見に行ってみることに。


      娯楽というよりは本気の勝負。

      日本語を話せるタイさんが、ルールを説明してくれました。

      「このバレーボールはお金をかけてやってます。
      3$とか5$とか。お金かけないとみんな本気でやらないから。」

      みんな、仕事が終わったら毎日ここに来て、
      バレーボールをやっているそうです。


      みんな笑顔で、しつこく声を掛けてくるわけでもなく、
      普通に仲間に入れてくれました。
      元気がないんじゃなくて、控えめなだけだったみたい。


      なんだ、元気だし、良い人ばかりじゃんカンボジア!


      ここからは、カンボジアの印象が良くなるばかり。

      「スオスダイ!(こんにちは)」
      「オークン・チュラン!(どうもありがとう)」
      「チュガンニュ!(美味しい)」

      このカンボジア語を使えば、おじさんもおばさんも、
      みんな笑顔で返事をしてくれます。

      この感触は微笑みの国タイよりフレンドリーかも。


      仲良くなった子供にあげれるものを何も持っていなかったので、
      カバンに入っていたバンソーコーを手首に貼ってあげると、
      「ウキャーーーー!」と興奮歓喜してくれました。

      こんなことでよろこんでくれるなら、
      バンソーコー山ほど持って歩くよ。



      近くの公園で結婚式。

      一日に何組ものカップルが入れ替わりで写真撮影。




      見学していたら、花婿さんとそのお友達が一緒に写真を撮ってくれました。
      私の右隣が花婿さん。




      カンボジアにはまだまだたくさんの問題があります。

      貧富の格差が激しくて、
      アイフォンを持って金の時計をつけている人もいれば、
      ゴミ収集と見せかけてゴミをあさっている男の子もいた。

      内戦とポルポト派の恐怖政治により、4年間で国民人口の3分の1が虐殺されたのは
      そんなに昔の話じゃない。

      その時埋められた地雷が、今も山奥に残ってしまっています。


      でも、バレーボールコートで出会った少年がこう言っていました。

      「カンボジアは貧しい。でも僕は今大学で韓国語を勉強している。
      韓国語を覚える人はまだ少ないから、これから仕事がたくさんある。」

      そんな彼は英語もペラペラ。
      彼の心にある未来は、明るくてまっすぐ。


      私は英語も話せないし何の特技もないけれど、
      とりあえず仕事があって、稼いでこれたのは、日本に住んでいたから。
      見習わなきゃ。

      カンボジアの人と仲良くなるには、一週間じゃ足りなかったな。

      うしろ髪を引かれつつ、
      インドに向かう飛行機に乗るため、タイに戻りました。


      次はタイで歯の治療編!銀歯が取れた!


      Now Playing:bonobos「ファンタスキッス」

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |18:22| カンボジア | comments(4) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      アンコールワットの夜明け。
      0

        早朝5時。
        まだ眠りから冷め切っていない頭で、
        自転車をこいで、アンコールワットへ。

        《初めてブログを見てくれた人へ》
        世界一周ブログランキングに参加しています。
        下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
        (PCとスマートフォン対応)
        ちょこっと更新遅れたので、現在16位!アナタのクリックで、また挽回します!
        ↓ワンクリックで応援してね♪↓
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


        1回目に朝日を見に行ったときは、曇りでした。

        せっかく、早起きしたのに。

        アンコールワットはなかなか思い通りにはさせてくれません。


        最終日。
        2回目にして最後のトライ。

        自転車をこぎながら、横目に東の空が真っ赤に染まりはじめる。

        間に合うかな。

        焦りと、興奮で、自転車をこぐスピードがあがる。


        自転車を置いて、走る、走る。

        こんなに必死で走ったの、いつ以来だろう。


        真紅の空に浮かぶ、3つの塔のシルエット。
        池に逆さに映る世界。

        憧れていた景色が、目の前に広がっている。


        走り抜いた身体からは汗。

        それが冷えたせいなのか、景色のせいなのか、
        背中がすーっと冷たくなっていく。

        その感触を噛み締めながら、
        ただただ陽が昇るのをじっと見つめていた。


        帰りぎわは、名残惜しい。
        もっと長く、ゆっくり見たかった。

        ありがとうアンコールワット。

        そして、一週間一緒にカンボジアを旅してくれたともちゃん、ありがとう!


        □自転車レンタル 一日1$〜
         宿や、安宿街近隣で借りることができます。
         但し早朝は街頭がなくなかなか危険です。
         ライトがつく自転車を借りて、ヘッドライトなどが必要です。
         
        □アンコールワットチケット 一週間のうち3回入場可能券で40$。
         (1week3timesというと伝わります)



        Now Playing:東京事変「閃光少女」

        * * * * * * * * *
        ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
         ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
          ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
        http://twitter.com/#!/itoutukushi
         スマートフォン・携帯の方は
        「itoutukushi」で検索してね♪
        * * * * * * * * *
        |18:22| カンボジア | comments(8) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
        自転車で行くアンコールワット。
        0

          カンボジア、シェムリアップにやってきました。
          旅人なら一度は訪れたい世界遺産、アンコールワットへ。

          《初めてブログを見てくれた人へ》
          世界一周ブログランキングに参加しています。
          下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
          (PCとスマートフォン対応)
          ついに10位に浮上!毎日忘れずにクリックしてくれるアナタのおかげです♪ありがとう。
          ↓ワンクリックで応援してね♪↓
          にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


          アンコールワットへは、トゥクトゥクをチャーターするのが一般的です。
          一日2人で15$くらい。

          私は時間をかけて自分のペースで見たいので、自転車で行くことにしました。
          これなら、一日1$で済みます。


          遺跡までの道は、緑のアーチ。

          まだ陽が昇りきる前の早朝に、
          マイナスイオンをいっぱいに吸い込みながら、走る自転車は気持ちがいい!


          途中、画廊が何軒かありました。
          アンコールワットを描いたもの。
          実際に描いている様子も見れます。


          時々、細い道がのびていて、寄り道したくなります。
          こうゆうとき、自転車はフットワーク軽く止まれて良いですね。

          30分ほど、自転車をこぐと、入り口が見えてきます。

          アンコールワットと一言で言ってもたくさんの遺跡が広がっていて
          一日では見きれません。


          アンコールトム・バイヨン




          写真に撮ると、ガイドブックと同じような画になってしまうけど、

          実際に触れた感触は、行かないと感じられないもの。

          砂っぽくて、日陰はひんやり。

          コケが生えていたり、クモの巣が生えていたり。




          アンコールトム内遺跡

          ちなみに小人のように座っているのが私です。
          このスケールの大きさは圧巻!


          タプローム
          木の根が、ものすごい生命力を帯びて、遺跡にしがみついています。


          タプロームに現れた、謎のモデルさん。


          ポイント各所で、ポージングをしてくれます。
          木の生命力にも負けない、存在感!


          丸一日歩き回って、ボロボロの足。
          でも、ドロンコになるのって、気持ちが良くてクセになりそう。


          □自転車レンタル 一日1$〜
           但し早朝は街頭がなくなかなか危険です。
           ライトがつく自転車を借りて、ヘッドライトなどが必要です。
           
          □アンコールワットチケット 一週間のうち3回入場可能券で40$。
           (1week3timesというと伝わります)



          翌日からはいよいよ、アンコールワットの朝日を観に行きます。


          Now Playing:cocco「甘い香り」

          * * * * * * * * *
          ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
           ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
            ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
          http://twitter.com/#!/itoutukushi
           スマートフォン・携帯の方は
          「itoutukushi」で検索してね♪
          * * * * * * * * *
          |12:41| カンボジア | comments(12) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
          | 1/1 |
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.