| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    世界一細長い国の半分を40時間バスで縦断した日。
    0

      チリは長かった。その長さを身体で感じた。

      現在地:ボリビア・スクレNOW!
      現在世界一周ランキング9位くらい!いつも応援ありがとうございます♪
      《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      サンティアゴから、一気に北上する。

      チリのアタカマ砂漠、国境の町アリカも飛び越えて、

      ペルーのアレキパまで、2日がかりの大移動が始まった。

      バス、おそらく3本。

      時間、40時間くらい。

      これは、世界一細長いチリの、

      国土の半分を一気に走ることになる。


      巨大な南米大陸に対して、このチリの長さを見て欲しい。

      というより、ほぼ同尺の日本と長さを比べて見て欲しい。

      北海道から九州まで、一気にバスで縦断するようなものじゃないか。


      サンティアゴからチリ国境の町アリカまでは30時間ほど。

      深夜23時に乗車、翌日丸一日バスに揺られ、

      翌々日の早朝5時くらいに着いた。



      外はまだ真っ暗闇。

      バス停は空いておらず、外でタバコをふかし、朝が来るのを待つ。

      朝7時。

      国境を越えてペルー側の国境近くの町タクナへのバスに乗る。


      今回の国境は比較的スムーズに抜けることができた。

      国境を越えてペルーに入った途端、

      町の雰囲気が一気に変わった気がした。

      ボロボロの布きれ屋根の八百屋が並び、

      ゴミだらけの道路に人が集まり、混沌としていた。

      長いことチリとアルゼンチンという先進国に居たせいか、

      それがすごく新鮮に感じた。


      タクナからアレキパに向かう3つ目のバスの中で、

      ペルー名産「インカコーラ」をもらえた。

      そのデカビタCのような味がなつかしくて、

      あぁ、2ヶ月ぶりにペルーに帰ってきたんだなぁ、と

      なんだか嬉しくなった。


      比較的スムーズにバスを乗り継げて、

      夕方前にはアレキパの町に着けた。

      真っ白なカテドラルが美しい町。

      この町では白い街並みを探索し、

      旅人に「居心地が良い」と人気の、

      ホームステイ型のあの宿に泊まることにします。


      Now Playing:くるり「ばらの花」


      今日も読んでくださってありがとうございます。
      ↓いいね!と思ったらワンクリックお願いします♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      【サンティアゴ→アリカ】
      バス 23時半くらい発 TUR BUS社 30時間 40500チリペソ

      【アリカ→タクナ】
      サンティアゴから到着したターミナルのすぐ隣の別ターミナルから発着
      朝7時から頻発 国境手続き込みで所要1時間半くらい 確か2000ペソくらい
      バスがない場合、団体の場合は、バスターミナルにいる乗合タクシーを使っても行けます。
      バスよりは高いです。
      ※ターミナル入り口のカウンターにて使用料を小額か払うので、
      小銭はギリギリまで少し残しておきましょう。
      チリ出国税はありません。

      【タクナ→アレキパ】
      アリカから到着したターミナルの隣に国内バスターミナルがあります。
      確か9時or10時くらい発 それ以外は夜行便 所要6時間 20〜35ソル

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |22:53| チリ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      実はクレジットカード盗難に遭ったんです。
      0

        あーあ。ついに盗まれちゃったね。ねーにゃんちゃん。

        現在地:ボリビア・スクレNOW!
        現在世界一周ランキング8位くらいにランクUP中!いつも応援ありがとうございます♪
        《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
        世界一周ブログランキングに参加しています。
        下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
        ↓ワンクリックで応援してね♪↓
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


        (今回、文章に関する写真はないため、
        ネコちゃんとサンティアゴの風景をお楽しみ下さい。)


        パタゴニアの大自然を満喫し、チリへ戻るバスの中。

        そのバスで、事件は起こった。



        アルゼンチンのバリロチェという町から、

        国境を越えて、チリのプエルトモンまで。



        比較的治安のよかったパタゴニア地域。

        昼間のバスだったので、少し気も緩ませ、

        隣に座るヨシさんと話しながら乗っていた。

        バックを自分の足元、前の座席の下くらいに置いて。


        終点の数時間ほど手前。

        一人の現地人男性が乗ってきた。

        白っぽい襟付きシャツに、ベージュのチノパン、

        小太りでメガネをかけ、

        どちらかというと比較的小奇麗な印象のおじさんだった。

        彼は私たちの斜め前の座席に座った。


        終点の1時間ほど手前。

        バスは何人もの人が途中で降りて、客足もまばらになっていた。

        私たちの目の前の席も空き、

        そこに斜め前に座った比較的小奇麗なおじさんが移動してきた。

        「きっとたくさん座席が空いたから、窓際に移動したんだろうな。」

        そう思って深く気に留めず、話を続けた。



        ちなみに。


        ヨシさんとの話の議題はそう、「30年後の自分」

        なんとも夢膨らむ議題じゃないか。


        終点より一歩手前の駅。

        比較的小奇麗なおじさんは降りていった。





        終点。

        「今回のバスは快適だったなぁ」なんて思いながら、

        よいしょとバックを床から座席へ持ち上げる。

        あれ?

        チェーンベルトでカバンにくくりつけてあるはずの、サイフがない。




        このときは、盗難なんて考えもせず、

        きっと何かのはずみで落ちたのだろうと、

        バックの中や、座席の下を探す。

        あれ?

        やっぱりない。

        まぁあのサイフには日頃小銭しか入れないし、

        なくなったとしても被害は少ないけど。


        ヨシさんが私に聞く。

        「お金以外何か入ってなかった?本当に大丈夫?」


        よくよく考えてみる。

        あ。



        普段マネーベルトに入れているクレジットカード2枚を、

        今日に限ってそのサイフに入れたままにしていた!



        ここでようやくことの重大さを認識。

        青ざめながら、もう一度バスの中とバックの中を探す。

        バスの乗務員にも報告して一緒に探すも、見つからない。

        怪しいのは、途中から乗ってきたあのおじさん。

        途中から乗ってきたから、名簿に名前もない。



        「きっと盗まれたね。でもバス会社としては保障できないよ。」

        と言われて、あきらめバスを降りる。

        こうなったら、一刻も早くカードを止めるしかない。


        wifiつきの宿を探して歩いているあいだ、

        気が気じゃなかった。

        なんとか冷静さを保っていたけれど、

        頭の中はほぼ真っ白だった。




        宿は比較的すぐ見つかって、

        すぐにスカイプクレジットでカード会社に電話をした。

        意外にもあっさり、

        カードの停止と日本の住所への再発行・郵送をしてくれることになった。

        ちなみに片方のカードで数回、

        ATMからお金を引き出そうとした形跡があったらしい。

        暗証番号の不一致で、引き出されずに済んだ。


        とりあえず、急ぎの手続きは終わって、

        夜のプエルトモンの夜景を見ながら、ベランダでタバコを吸う。

        ひと段落すると、

        今度は感情が頭をグルグル回り始めた。



        被害はサイフの中の1000円程度の現金と、

        クレジットカード2枚、タイで作った偽国際学生証のみで済んだ。

        同じくバックに入れていたマネーベルトの大金や、

        パスポートは全部無事だった。

        どちらかと言うと、ラッキーだった。




        だけど、これからどうする?と考えた時に、

        「帰国」の二文字が浮かんでくるくらい、落胆していた。



        その日に限って、カードを普段使いのサイフに入れていた。

        その日に限って、バックを床に置いていた。

        一人の時はしない油断をしてしまっていた。

        そんな自分への不甲斐なさと自己嫌悪でいっぱいだった。



        アジアもヨーロッパも中米もペルーもボリビアも、

        危ないとされるところを守り抜いてここまできたのに。

        こんな安全ところで盗まれてしまうなんて。


        落ち込む私に、

        隣でタバコをふかすヨシさんは、こう言った。

        「こういうとき、盗まれたヤツが悪いって言う人がいるけど、

        やっぱり盗む人が悪いと思うよ。人の物盗むヤツは、やっぱり悪い。」


        その言葉に、少し救われた。



        次の日、私はその事を笑い話にして、旅を続けることにした。

        ここで帰ったら、旅の終わりが嫌な記憶になってしまう。

        格好悪くても、自分の旅を全うして帰ろう。


        こんな時だから、人の優しさが浸みる。

        フェイスブックでは、

        たくさんの人に心配や励ましのメッセージをもらった。

        何人かの人は、お金を貸そうかとまで言ってくれた。

        「今近くにいるから、力になれることがあれば」と。

        この場をお借りして、みなさん本当にありがとうございます。



        サンティアゴに着いて、旅の仲間に再会すると

        やーいとバカにして笑い話にしてくれた。

        なんだか妙に気が楽になった。



        教訓。

        まぁ大丈夫か、と気を抜いたときにソレは起こる。

        一人のときより、二人のとき(話しているとき)が狙われやすい。



        Now Playing:電気グルーヴ「NO」


        今日も読んでくださってありがとうございます。
        ↓頑張れ!のワンクリックお願いします♪↓
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


        【カラファテ→バリロチェ】
        バス 毎日 16時発翌朝8時着 28時間 900ペソ

        【バリロチェの宿】
        国際ユースホステル ひとりドミ80ペソ(国際ユースカード提示で)
        朝食付き・wifi・キッチン・ホットシャワー・ビリヤード・卓球台有
        バスターミナルを背に大通りを右方向に前進、すぐ左手にある大きなホステル

        【バリロチェ→プエルトモン】
        バス 毎日 12時発 6時間 140ペソ

        【プエルトモン→サンティアゴ】
        バス 毎日 12時間 最安10000チリペソ〜

        ※パタゴニアから抜ける際、「Lade航空」という航空会社で
        カラファテ→ブエノス間安く買えます(15000円片道程度)
        ただシーズン中は混み合い取れないことが多い。
        私たちも取れず、できるだけ安く北上するため、
        早めにアルゼンチンを抜け、チリ側をバスで移動することにしました。
        (アルゼンチンはバスが高い)

        * * * * * * * * *
        ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
         ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
          ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
        http://twitter.com/#!/itoutukushi
         スマートフォン・携帯の方は
        「itoutukushi」で検索してね♪
        * * * * * * * * *
        |21:18| チリ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
        港のようで動物園のようで、それは市場。
        0

          世界には「見る海」と「食べる海」がある。

          現在地:一気に北上してペルー・アレキパNOW!
          現在世界一周ランキング11位くらい!いつも応援ありがとうございます♪
          《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
          世界一周ブログランキングに参加しています。
          下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
          ↓ワンクリックで応援してね♪↓
          にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


          アタカマから丸1日ほどバスに揺られて、

          サンティアゴの少し北に位置する、

          ビーニャ・デル・マルという港町にやってきました。

          爽やかな潮風が吹くこの町では、

          新鮮な海鮮が食べられることで有名。

          私たちはこの町で、

          クリスマスとお正月を過ごすことにしました。

          (ビーニャ・デル・マルでの年越のようすはこちらの日記


          毎朝8時半。

          眠たい身体を必死で起こしてに宿を出る。

          徒歩30分ほどのところにある市場へ。

          新鮮な海産物を買出しに行きます。


          市場には9時すぎには、

          売る人、買う人、見定める人、

          すでにたくさんの人で活気に満ちています。


          北海道顔負けの魚介類が、ずらり。

          あさり、ムール貝、えび、カニ、ホタテにサーモン、アナゴなどなど。

          見ているだけで、ヨダレがジュルリ。

          今日は、何の料理にしようかな。


          ぎょぎょぎょ。の大迫力。


          漁から帰ってきたばかりの漁船のそばには、

          売り物にならないカニが落ちていました。

          これを拾って、無料でカニ汁を作ることに。


          エモノを狙う、カモメがズラリ。

          左アーチ。


          右アーチ。


          合わせると、カモメのおしりアーチ。


          市場の裏側に行くと、魚より動物がカオス。

          屋根にペリカンが、わっさわっさと飛んできます。


          エサがすぐそばにあるので、近づいても逃げません。

          肉眼でこんな距離まで。

          動物園でも、こんなに近づけないよ。


          市場の裏の海は、こんな感じ。

          ガラパゴス諸島みたいなことに。


          そしてアザラシも大量発生。

          こんな近距離でフゴフゴッと声を立てていて、

          やや怖いくらい。

          市場以上に面白い!


          さてさて、宿に帰って毎日新鮮な魚介類を

          チリワインとともに楽しみましたよ。

          お刺身、焼き魚、貝のお吸い物、肝の甘辛煮。

          魚介三昧で、幸せな日々でした。


          あわびだって、とっても安値で食べられます。

          日本の魚介が恋しくなったら、ビーニャに来て見てくださいね。


          Now Playing:ふくろうず「狂った夏がくる」


          今日も読んでくださってありがとうございます。
          ↓いいね!のワンクリックお願いします♪↓
          にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


          【チリ・ビーニャの宿】
          汐見荘 ひとり6000ペソ(3泊以上で割引アリ)
          WIFI・日本語本・キッチン有 
          清潔でとても居心地良い宿です。

          * * * * * * * * *
          ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
           ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
            ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
          http://twitter.com/#!/itoutukushi
           スマートフォン・携帯の方は
          「itoutukushi」で検索してね♪
          * * * * * * * * *
          |11:01| チリ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
          | 1/3 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.