| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    【パタゴニアへの旅】辿り着いた最終目的地。
    0

      世界の果てに、2人きり。

      現在地:ボリビア・4回目のラパスAGAIN!
      現在世界一周ランキング9位くらいにランクUP中!いつも応援ありがとうございます♪
      《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      大河が溶けずに、氷のかたまりになっている場所、氷河。

      船に乗って、氷河を目指す。




      氷河が近づいてくると、その大きさに驚かされる。

      何階建てのビルほどあるだろう。

      ギザギザとした頭は、

      日なたは純白に輝き、日陰は青白い光を放っていた。




      時折、「ゴゴゴー」とカミナリのような音を立てると、

      氷のかたまりが崩れ落ちる。

      その音の腹に響く感じは、この地に立たないと体感できない。


      氷河の近くに船が着き、そこから氷河までトレッキング。

      まだまだ遠くにあるはずの氷河が大きすぎて、

      規模が自分の目でも把握できない。

      皆立ちつくし、ただただ見とれる。


      途中でクランポンという、氷の上を歩くための器具を装着する。

      足の裏が氷に突き刺さるようになっていて、

      これ自体、重くてかなり歩きづらい。

      スキー靴を始めて履いた感覚に似てるかな。


      いざ、氷河の上を歩く。

      氷河の氷は意外と固くて、アイスバーンのときの雪山のよう。

      ガニマタで、力強く一歩一歩、足の裏を氷に刺す。

      それが結構よい運動で、

      氷の上を歩いているはずなのに、

      汗が背中を流れてくる。


      このヒトコマだけ切り取ったら、

      まるで南極か北極の登山隊のようだな。




      氷河の隙間は、うつくしい青色に光っている。

      この隙間から溶け水や氷の粒をすくって、食べてみる。

      今まで飲んだことがないほど、

      無味無臭の純度100%の美味しい水と氷。


      トレッキングの最後には、氷河の氷で割ったウィスキーを。

      ウィスキーなんてめったに飲まないけれど、

      この日のそれは、特別美味しく感じた。


      対岸に戻って、見晴らしの良い岩の上に腰掛ける。

      私のパタゴニアの旅は、ここが最終目的地。

      振り返れば、怒涛の移動を繰り返した2週間。

      その分、多種多様な景色を、

      短期間で一気に見た時間でもあった。


      たったこれだけの期間で、

      世界は自分が想像するよりずっと大きくて、

      未知のもので溢れていて、

      一方で自分という存在は、

      こんなにもちっぽけだということを実感した。


      たとえば自分に今悩みがあったとして、

      そんなものはこの地球の生命の輪廻にとっては、

      なんの関わりもないくらい、ちっぽけなものなんだ。


      さようなら、うつくしかったパタゴニア。

      新たな気持ちで、

      今度は再び南米大陸を北上します。

      新しい出会いが、きっと待ってる。


      Now Playing:Mr.Children「worlds end」


      今日も読んでくださってありがとうございます。
      ↓いいね!のワンクリックお願いします♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      【氷河日帰りミニトレッキングツアー】
      ひとり640ペソほど
      午前に氷河が見える展望台へバスで行き、午後から船で氷河付近へ。
      数十分歩くと氷河にたどり着き、クランポンを装着し、氷河の上を1時間ほど歩く。
      最後に氷河ウィスキーとチョコをもらえます。

      【カラファテの宿】
      日本人宿 富士旅館 wifi・キッチン・洗濯機 有 
      予約不可でオンシーズンは混雑する
      バスターミナルから電話で空き状況を聞くのがベター
      (私たちは30分歩いたあげく満室で泊まれませんでした)
      セントロからかなり離れた場所にあります。

      ↓今回泊まった宿
      ホステルカラファテ・ビエホ ツインひとり70ペソ
      wifi・キッチン有 富士旅館より少々高いですが、居心地は抜群。
      セントロにも近い。フェリトモレノ通り沿い

      ↓安さなら
      Hostel HUEMUL ドミ45ペソ wifi・キッチン有
      イスラエル系の宿、欧米人が多く泊まっていてややうるさそう。
      セントロからは近い。
      ここの米ドル両替は5.6と他のカラファテの両替よりレートが良い。


      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |03:22| パタゴニア | comments(2) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      【パタゴニアへの旅】旅に出る前も後も、変わらないこと。
      0

        欲しいものは、緑ある、穏やかな暮らし。

        現在地:ボリビア・4回目のラパスAGAIN!
        現在世界一周ランキング9位くらいにランクUP中!いつも応援ありがとうございます♪
        《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
        世界一周ブログランキングに参加しています。
        下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
        ↓ワンクリックで応援してね♪↓
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


        カラファテという町にやってきた。

        このパタゴニア地域で、自分の最終目的地であり、

        この旅で訪れた場所の中で、最南の町。

        赤道から遠く離れたこの町の近くでは、氷河を見ることができる。

        「氷河」と聞くと、辺りは寒い風が吹き荒れ、

        植物の育たないような不毛の地を想像していた。


        カラファテは、その想像を大きく覆して、

        花や緑に溢れた町だった。


        日中は照りつける日差しも強く、暖かい。

        午後の光を浴びて、コンクリートの隙間に育つ花を見た。

        ポプラ並木も、立派に育っている。


        この町では居心地の良い宿を見つけて、

        久々にゆっくりと過ごした。

        野菜を買って身体によいご飯を作って食べたり、

        庭でくつろいだりした。


        タバコを吸いながら宿の庭のベンチに座る。

        庭にはニワトリがたくさん居て、

        タバコをエサと勘違いして近づいてきたりした。


        庭になっているサクランボ。

        新緑の葉と、枯葉が同じ木に混ざっているのが、

        このパタゴニア地方の特徴な気がする。


        宿の子供が庭のプールで水遊びをし、

        きゃっきゃとはしゃぐ様子を微笑ましく見ていた。

        久々に感じた平和な時間。


        旅には人それぞれのスタイルがある。

        見どころを徹底的に見尽くす人もいれば、

        山に登ったり川を下ったりする人もいれば、

        3日同じ町にいたら飽きてしまうという人もいる。




        私には

        ニワトリの鳴き声や、花びらの形や、

        庭に射す木漏れ日や、

        このありふれた日常を深く感じ取る時間が必要で、

        旅に出る前も、出てからも、きっと帰ってからも、

        このスタイルは変わらないんだろうな、と思う。


        ありのままの自分で居られる時間が、

        私にとっての旅を、より深くしてくれる気がするから。


        Now Playing:クラムボン「Re-華香るある日」


        今日も読んでくださってありがとうございます。
        ↓いいね!のワンクリックお願いします♪↓
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


        【チャルテン→カラファテのアクセス】
        バス 毎日3便(8:00/13:00/18:30など) 150アルペソ

        【カラファテの宿】
        日本人宿 富士旅館 wifi・キッチン・洗濯機 有 
        予約不可でオンシーズンは混雑する
        バスターミナルから電話で空き状況を聞くのがベター
        (私たちは30分歩いたあげく満室で泊まれませんでした)
        セントロからかなり離れた場所にあります。

        ↓今回泊まった宿
        ホステルカラファテ・ビエホ ツインひとり70ペソ
        wifi・キッチン有 富士旅館より少々高いですが、居心地は抜群。
        セントロにも近い。フェリトモレノ通り沿い

        ↓安さなら
        Hostel HUEMUL ドミ45ペソ wifi・キッチン有
        イスラエル系の宿、欧米人が多く泊まっていてややうるさそう。
        セントロからは近い。
        ここの米ドル両替は5.6と他のカラファテの両替よりレートが良い。


        * * * * * * * * *
        ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
         ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
          ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
        http://twitter.com/#!/itoutukushi
         スマートフォン・携帯の方は
        「itoutukushi」で検索してね♪
        * * * * * * * * *
        |01:12| パタゴニア | comments(6) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
        【パタゴニアへの旅】今までで一番感動した朝陽。
        0

          貴重な時間は、一瞬で過ぎ去ってしまうけど。


          現在地:ボリビア・4回目のラパスAGAIN!
          現在世界一周ランキング14位くらい!いつも応援ありがとうございます♪
          《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
          世界一周ブログランキングに参加しています。
          下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
          ↓ワンクリックで応援してね♪↓
          にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


          朝4時。

          まだ真っ暗な森の中を、

          フィッツロイ山のよく見える場所を目指して歩く。

          視界はほとんど何も見えず、

          川の流れる音を頼りに橋を渡り、森を抜け、

          ゴツゴツした急な坂道を這い上がるように登る。

          ヘッドライトの明かりだけが頼り。

          振り向くと、空が赤く染まり始めていた。


          ハァハァと息がきれる。

          時折休憩をはさむものの、

          どんどん迫ってくる朝陽に、急ぎ足で登る。

          涙目になるほど辛かった。

          登ること1時間半、

          湖のほとりのフィッツロイ山が見えた。


          巨大な岩の群れに身を潜めるように、朝陽を待つ。

          そして、赤い光が射してきた。




          フィッツロイのとがった頭が赤く染まった。

          そしてそれは一瞬で消えた。



          ずっと見たかった、フィッツロイの朝焼け。

          これを見るために2週間ほど、移動の日々を繰り返してきた。

          その苦労が、すべて報われた気がした。

          その背景も、感情もすべて含めて、

          今まで見た中で、一番素晴らしい朝陽だった。

          一番見たかったそれが、たった一瞬だったことも、

          時間の有限さを感じて、なんだか感動した。


          帰り道。

          真っ暗だった道と景色の全貌がようやく見れた。

          こんなデコボコな道を、明かりひとつで登ったのかと、

          改めて驚き、

          そして帰りは、うつくしい景色を眺めながら下山した。


          このパタゴニアで、何度となく再会したみんなと。

          みんなと一緒にここにこれて、

          赤く染まるフッツロイを見れて、よかった。


          Now Playing:ふくろうず「すばらしい世界」


          今日も読んでくださってありがとうございます。
          ↓いいね!のワンクリックお願いします♪↓
          にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


          【キャンプ用品のレンタルについて】
          Avda.San Martinという通りにたくさんあります。
          安いと聞いていた「EOLIA」という店はもう営業しておらず、
          他はどこもだいたい値段が同じ。
          ■2人用テント・寝袋・マットのセットで110アルペソくらい
          ■その他 ガスコンロ 20アルペソ 調理用具20アルペソ
          ガスは購入すると55アルペソくらいだったので、
          私たちは今回ガスコンロは持たず、パンなどで1泊過ごしました。

          【フィッツロイ山のトレッキングについて】
          入山料無料で個人で歩くことができます。
          ツーリストインフォメーションなどで、地図をもらうことができます。
          「Poincenot」というキャンプ場まで
          一番簡単なルートで、行き4時間半、帰り2時間強
          (2013年1月中旬で日没21:00 日昇5:30)

          【フッツロイの朝陽について】
          「Poincenot」キャンプサイトから「Laguna de los Tres湖」まで
          行き1時間15分、帰り1時間
          ゴツゴツした岩の登り道です。ヘッドライト・防寒着必須。

          【トレッキングに必要なもの】
          □ヘッドライト □虫除け(この時期アブが大量発生) □冬並みの防寒着(朝晩用)
          □飲料水は途中の川・湖で汲む事ができます。
          この時期の気候は、昼間長袖+上着 夜間それ+レインジャケットくらい

          * * * * * * * * *
          ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
           ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
            ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
          http://twitter.com/#!/itoutukushi
           スマートフォン・携帯の方は
          「itoutukushi」で検索してね♪
          * * * * * * * * *
          |08:47| パタゴニア | comments(4) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
          | 1/4 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.