| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    女の子だけのはなし。
    0

      「女の子」だから知りえる文化もある。
      それって、とっても貴重な体験。

      《初めてブログを見てくれた人へ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
      (PCとスマートフォン対応)

      現在地はヨルダン首都アンマンNOW!
      久々にランキング9位にランクUP!毎日クリックしてくれるみなさん、本当にありがとう♪
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      ネパールの田舎村、カスキコットで過ごすある日のこと。
      私は「女の子の日」になりました。

      そもそも、ナプキンなんて持ってきていなかったし、
      村の女の子に聞こうにも、英語がわかる人がいない。

      しかたなく、シヴァ君にその旨を伝えました。

      すると、
      「女の子の日」は、ここでは一大事件だということが判明。


      生理が始まってから3日間、
      その女性の身体は「不浄の身体」としてみなされます。
      そして、様々な制約が与えられます。

      まず、水瓶に触れてはいけないし、近づいてもいけない。

      そして、台所(居間)にも入ってはいけない。

      夜ご飯は家族から離れて、顔が見えない玄関で淋しく食べます。

      さらに、使った食器も同様に不浄のものとされるため、
      食器は自分で洗い、日光にさらして消毒します。

      これは、低いカースト(身分)の人と同等の扱い。

      これらを守らないと、神様への冒涜とされるのです。
      旅行者の私でも、同じことをしなくてはなりません。


      3日間、自分ひとりでは歯磨きひとつできず、
      水が欲しければ誰かに水瓶を持ってもらわなくてはいけません。

      また、毎日楽しかった家族との夕食のひとときも、
      ひとりきり、薄暗い玄関で食べます。

      自分を「不浄のもの」とされるって、本当に惨めな気持ち。


      ネパールには未だにカースト制度が残っています。
      カーストの低い人は、同じようにレストランで食事したあと、
      食器を洗って日光で消毒しなくてはいけません。
      生まれてからずっとこの気持ちを味わっているなんて。

      日本で「女の子の日」になったら、
      周りからいたわってもらえるのが普通なのに、
      ここではまだ、男尊女卑の感覚が残っているようです。

      この惨めな気持ちも、
      普通の旅行だったら絶対に味わえないもの。

      「旅行者」として特別扱いされないことが、
      かえって嬉しくもありました。


      女の子だから味わえる楽しい経験もありました。

      シヴァ君の妹、サラダが「メイクしてあげる!」と言ってくれました。

      ネパーリーメイクは派手なことは薄々知っていましたが、

      両手に真っ赤なネイル、
      さらにはアイシャドー、アイライン。。。

      気づくと、目力の強さがすごいことに。

      ↓完成がこちら↓

      コギャルみたいですね。(古い)

      不便も色々あるけれど、
      それ以上に他では味わえない楽しさ、経験が、
      この村にはあります。


      Now Playing:chara「やさしい気持ち」

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |23:32| ネパール | comments(11) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      スポンサーサイト
      0
        |23:32| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        女の子DAYにつぃて気になってました!!
        旅のリアルな話し、毎回楽しみに読ませていただいてます(*^^*)
        コギャルメイク似合ってますよ♡
        ゆっくりと身体を休めて旅を続けてください。
        応援してます(o^^o)
        posted by なみこ | 2012/06/25 11:56 PM |
        女の子の日になるとそんなしきたりがあるんですね。
        子供を産むために必要な、なくてはならない生理現象なのに…
        不浄として扱われるなんてとっても不思議です。
        人々の暮らしに入り込んでこそ知ることができる、
        貴重なことですね。
        そして女の子の楽しみは万国共通♪
        今日も素敵な報告、ありがとうございました^^
        posted by のぞみ | 2012/06/26 12:46 AM |
        同じ女性として読んで、言葉がすとんと入ってきました。
        相変わらずすてきな記事ですね!いつも見てます^^
        旅にでると自分が何を「当たり前」だと思っていたのか気付けますよね。
        私も次に旅に出るときは、もっともっと現地の人と関わってみたいです。
        posted by エリ | 2012/06/26 12:50 AM |
        >なみこさん
        いとうつくしを読んでくださってありがとうございます♪
        いつも見てくれていると知って、とても嬉しいです(^^)

        実際、女の子DAYのことは、気になるところですよね!
        ゴミ箱がないトイレも、インドやネパールではしばしば。
        旅でできた友達に「どうしてるの?」
        なんて聞いてみたり。
        ちなみにこの村では、森の中にポーンと投げろと言われましたw
        3日目くらいには投げるのも上手になったものです。。

        これからも旅のはなしをお伝えしていきますね♪
        どうぞよろしくお願いします♪
        posted by SUYA | 2012/06/26 5:09 AM |
        >のぞみさん
        いつも見てくださってありがとうございます♪

        そう、生理現象なのにどうして!?!?と
        こればっかりは私も少し怒りそうになりました笑

        それについて色々考えてみたのですが、
        普段水仕事全般をおこなう女性に対して、
        水仕事を休ませるためのしきたりでもあるのかな?
        なんて良い風にも考えてみたり。

        日本では女の子の日をわざわざ家族に伝えたりしないですよね。
        ここでは、お父さんもお兄さんもみんなが知ってしまうので、
        家族がそれを知るためのしきたりなのかな?
        とも考えました。

        いずれにしろ、女性は大変ですね。。

        また女性の話も、色々UPしていきたいです♪
        これからもよろしくお願いします(^^)
        posted by SUYA | 2012/06/26 5:14 AM |
        >エリさん
        いつも読んでくださってありがとうございます♪
        コメント、すごく嬉しいです(^^)

        本当に、当たり前だと思っていたことが当たり前じゃないってこと
        たくさん気づかされます。
        日本人の旅仲間に出会うのも楽しいけれど、
        やっぱり現地の人とたくさん交流すると
        普段の旅行では知りえないことを知れる気がします。

        エリさんも次回の旅が楽しみですね♪
        これからもよろしくお願いします!
        posted by SUYA | 2012/06/26 5:18 AM |
        この家の色彩はすごいですね。どうやったらこういう色に塗るってことを思いつくのだろう。素敵ですけど、まねは難しい。
        で、最後の写真の2人の服が家の色と同じになっているところがあら、不思議……!
        posted by なつみかん | 2012/06/26 8:03 PM |
        ちょっとブログを見れなかったら様々なコトがあったようですね。

        ちなみに、
        南米で「カナ」は、「カナ」と発音してくれるのですが…
        「SUYA(スヤ)」は、「スジャ」「スシャ」とか言われる場合が多いです。
        南米に来て、変な言われ方しても 多分、あなたのコトです。
        posted by オホーツク | 2012/06/27 3:31 AM |
        はじめまして、株式会社リンケージ斉藤と申します。
        サイト拝見させていただきました。

        もしよろしければ弊社が取り扱っている下記の
        広告掲載してただけませんでしょうか?

        パワースポット セドナ・マウントシャスタ海外旅行ツアー
        http://www.vortex-world.com/index.htm
        デトックス・ヨガが満喫できるバリ島ツアー
        http://www.bali-world.com/

        海外旅行はご予約1名様につき¥1000
        の成果報酬になります。

        空いているスペースにご掲載いただければと思い
        ご連絡をさせていたしました。

        ご掲載していただけるようでしたら、
        下記より会員登録(無料)していただいて
        広告バナー取得をお願い致します。

        ↓アフィリエイター登録はこちら
        http://linkage-m.net/system/regist.php?type=user&u=4fe40f38988ff

        ご不明点ございましたら、お気軽にご連絡下さい。
        ご検討のほどよろしくお願い致します。

        ==========================================
        株式会社リンケージ
        <info@linkage-m.net>
        〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号1403
        TEL 03-6868-4874
        ==========================================
        弊社運営サービス
        ◆ PC/スマホ/モバイル対応アフィリエイト広告サービス「リンケージ」
        http://linkage-m.net/system/regist.php?type=user&u=4fe40f38988ff
        (お問い合わせはメールのみでお受けしております)

        Facebookページ
        ◆アフィリエイトで稼ぐノウハウ術
        http://www.facebook.com/linkagem
        ==========================================
        posted by リンケージ | 2012/06/27 10:19 AM |
        >なつみかんさん

        いつも読んでくれてありがとうございます♪

        本当だ!服の色がコーディネートされている!
        気づかなかったです笑

        この村の家はだいたいがこの朱色とブルーのデザインで
        すごく可愛かったです♪
        ちなみに朱色の部分はペンキではなく、
        この土地の土の色で、水か何かで溶かして塗ってました。
        何度か上塗りしていたので、
        家の腐食を抑える効果があるのかな?と思いました。
        posted by SUYA | 2012/06/29 3:47 PM |
        >オホーツクさん

        お久しぶりです♪いつも見てくださってありがとうございます(^^)

        スシャ?おもしろいですね笑
        南米ではあえて苗字で名乗ろうかな(^^;)

        オホーツクさんは今も南米でしょうか。
        身体に気をつけて、よい旅を続けてくださいね♪
        posted by SUYA | 2012/06/29 3:51 PM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://ito-utukushi.jugem.jp/trackback/101
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.