| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    イスラエルという国の強烈な違和感。
    0

      エジプト、ダハブから陸路でイスラエルへ。
      イスラエルに入って感じた、強烈な違和感。

      《初めてブログを見てくれた人へ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
      (PCとスマートフォン対応)

      今はトルコ・アマスラNOW!
      現在ランキング15位!10代復活したい!毎日クリックしてくれているみなさんに感謝♪
      ↓ワンクリックでランクUP応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      紅海の青いビーチラインに沿って、
      バスは国境へと、ひた走ります。

      エジプトのターバー国境から
      イスラエルのエイラット国境へ。


      イスラエルの入国は、相変わらず厳しい。
      バックパックの荷物を全部出されることもあれば、
      「エルサレムに何をしにいきますか?」
      「武器は持っていませんか?」とたくさんの質問をされます。


      エイラット国境からエイラット市内バスステーションへ。


      エルサレム行きのバスは終わってしまっていたので、
      この日はエイラットに一泊。


      イスラエルに入って、まず気づいたこと。
      中東の国とは思えない、近代的な町並み。

      高級そうなホテルや欧米系ファーストフード。
      エンターテイメント施設。
      オシャレで開放的な若者。


      「ここは、アメリカかヨーロッパだったかな?」
      と思ってしまうほど、欧米色に染められています。

      「イスラエル」と聞くと危ないイメージがありました。
      実際に、ガザ地区等で争いや睨み合いが続いています。

      訪れるまでは、もっとイスラムとユダヤが交じり合った
      混沌とした町を想像してた。

      実際にツーリストが訪れるエリアは
      想像以上に過ごしやすく、平和な町並み。

      溢れすぎた問題を忘れさせるかのように、
      町は平和で、過ごしやすくて、満たされるように「作られている」。


      生活するには、きっと快適なんだろう。

      でも、遥か昔から宗教の聖地として、文化の通過点として、
      ここに根付いた文化や歴史の影は見えなくて、
      虚しく感じるのは、私だけだろうか。

      町自体がまるで、「テーマパーク」のよう。


      アラブの国々のど真ん中に、こんな国があるのだから、
      この国存在自体が「違和感そのもの」なのかもしれない。



      平和そうな町並みの反面、

      街中では銃を持った軍隊をたくさん見かけます。
      ごっつい銃を持っているわりに、
      楽しそうに笑ったり、アイスを食べている。

      イスラエルでは、18歳から男性女性問わず、強制の兵役期間があります。
      入国審査の厳しさといい、
      イスラエルという国は、何に怯えているんだろう。


      バスの中で、安らかに眠る兵隊。

      その手にはマシンガン。
      銃口はずっと、こちらを向いていた。

      この「違和感」の、自分なりの答えを探しに、
      聖地、エルサレムへ。

      Now Playing:Mr.children「叫び、祈り」


      【エジプト→イスラエル国境情報】

      ■宿セブンへブン→ターバー国境(ジープ・バス代込みで50LE)
       ※荷物をバス下に預けるとプラス1LE。空いていれば座席に持ち込みOK

      ■エイラット国境→エイラット・バスターミナル(4.7NIS)
       15番で国境まで到着したバスが、16番になってバスターミナルに行く。
       バス乗り場は国境出て50m先くらい右手に有(3枚目の写真)
       30分〜1時間に1本くらい

      ■エイラット・バスターミナル発→エルサレム
       最終バスはイスラエル時間の16:45(エジプト時間の15:45)
       バス444番 78NIS

      ■エルサレム・バスステーション→ダマスカス門(旧市街)
       路面電車(6.2NISくらい)

      ■宿 ラムシスホテル(ドミ1泊45NIS)
      ダマスカス門前の坂道を登ると、道沿い100mくらい先右手にあります。

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |22:05| イスラエル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      スポンサーサイト
      0
        |22:05| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        イスラエルにも、中東にも行ったことがありませんが、酢屋さんの感じた「違和感」すごく伝わってきました。

        酢屋さんのブログを見て、昔見た『パラダイスナウ』っていう映画思い出しました。
        私にとっては映画や本、TVでしか知らない世界ですが、それを現地に行って体感した酢屋さんには、これからどんな風に世界が映るんでしょうか…。

        あー!!うらやましいです!

        パレスチナも行かれるのですか?
        posted by まがら | 2012/07/25 8:41 AM |
        >まがらさん

        元気かな??見てくれてありがとう♪
        自分の感じたこと、同じように感じてもらえたらすごく嬉しいよ。

        パラダイスナウ、見たことないから、
        日本帰ったら見てみるね(^^)

        ガザ地区はさすがに行かなかったけれど、
        ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区には行ったよ!
        そこで感じたこともすごく大きかったよ。
        次回のブログであげたから、見てみてね♪
        posted by SUYA | 2012/07/25 10:19 PM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://ito-utukushi.jugem.jp/trackback/114
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.