| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    マチュピチュへの旅〜ペルー鉄道と麓の村〜
    0

      鉄道に乗るときは、いつも少しだけ胸が高鳴る。

      現在地:ボリビア、ウユニNOW!
      現在、世界一周ブログランキング9位くらい!
      いつも励ましのコメント、応援クリック、本当にありがとうございます。
      今日も感謝の気持ちを込めて、世界の風景をお届けしていきますね♪

      《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      オリャンタイタンボで、列車の出発を待つ。

      ペルー鉄道。

      レールの向こうは、マチュピチュの麓の村へ続く。


      山と山の谷間を縫うように、列車は走る。

      車内ではペルーらしい、フォルクローレの音楽。

      飛行機やバスの旅も好きだけど、

      列車は旅の気分を一層盛り上げてくれるよう。


      真ん中のクラスの座席では、

      簡単なお菓子と飲み物が振舞われた。

      クスコからマチュピチュまでの地図が描かれた、

      ランチマットが可愛かった。


      一時間半ほどの短い列車の旅を終え、

      マチュピチュ村に到着する。


      高い山々に囲まれたこの村は、とてものどか。

      一本の川を挟むように、お土産屋やレストランが連なる。

      札幌でいうと、定山渓の温泉街のような雰囲気。






      ほとんどの人が1泊は2泊でこの村を訪れるけれど、

      日程が決まってなければ、もう少しゆっくり居れる村だな。


      大きなサッカー場があって、

      子供たちが駆け回っていました。


      鉄道駅から川を渡ったところにあるメルカドのご飯。

      7ソルほどの安値で、魚フライ、ご飯、ポテト、サラダ、

      シチューのようなスープまでついてきます。


      線路に入って、スタンドバイミーごっこ。


      夜の街並みも、オシャレなライトアップ。

      大きな通りは人通りも多く、

      夜でものんびり散歩するとができます。




      見どころのない町が好きだ。

      人が自然で、自分自身も自然でいられる。

      そして、見どころのない町をどのくらい楽しめるかで、

      旅人の力量が問われますね。




      正しい銅像との遊びかた。

      翌朝、いよいよマチュピチュへ向かいます。


      Now Playing:ZAZEN BOYS「ASOBI」


      ↓くだらない遊びばかりして!と思ったらワンクリック♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      【マチュピチュまでのアクセス】
      オリャンタイタンボまでの送迎、列車チケット、マチュピチュ村での宿
      マチュピチュ、ワイナピチュの入場チケット 
      全てをクスコの宿「カサデルインカ」にて手配可能

      モライの塩田、マラスの遺跡も寄ってくれて、便利です。

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |02:09| ペルー | comments(0) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      スポンサーサイト
      0
        |02:09| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://ito-utukushi.jugem.jp/trackback/198
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.