| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    【パタゴニアへの旅】今までで一番感動した朝陽。
    0

      貴重な時間は、一瞬で過ぎ去ってしまうけど。


      現在地:ボリビア・4回目のラパスAGAIN!
      現在世界一周ランキング14位くらい!いつも応援ありがとうございます♪
      《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      朝4時。

      まだ真っ暗な森の中を、

      フィッツロイ山のよく見える場所を目指して歩く。

      視界はほとんど何も見えず、

      川の流れる音を頼りに橋を渡り、森を抜け、

      ゴツゴツした急な坂道を這い上がるように登る。

      ヘッドライトの明かりだけが頼り。

      振り向くと、空が赤く染まり始めていた。


      ハァハァと息がきれる。

      時折休憩をはさむものの、

      どんどん迫ってくる朝陽に、急ぎ足で登る。

      涙目になるほど辛かった。

      登ること1時間半、

      湖のほとりのフィッツロイ山が見えた。


      巨大な岩の群れに身を潜めるように、朝陽を待つ。

      そして、赤い光が射してきた。




      フィッツロイのとがった頭が赤く染まった。

      そしてそれは一瞬で消えた。



      ずっと見たかった、フィッツロイの朝焼け。

      これを見るために2週間ほど、移動の日々を繰り返してきた。

      その苦労が、すべて報われた気がした。

      その背景も、感情もすべて含めて、

      今まで見た中で、一番素晴らしい朝陽だった。

      一番見たかったそれが、たった一瞬だったことも、

      時間の有限さを感じて、なんだか感動した。


      帰り道。

      真っ暗だった道と景色の全貌がようやく見れた。

      こんなデコボコな道を、明かりひとつで登ったのかと、

      改めて驚き、

      そして帰りは、うつくしい景色を眺めながら下山した。


      このパタゴニアで、何度となく再会したみんなと。

      みんなと一緒にここにこれて、

      赤く染まるフッツロイを見れて、よかった。


      Now Playing:ふくろうず「すばらしい世界」


      今日も読んでくださってありがとうございます。
      ↓いいね!のワンクリックお願いします♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      【キャンプ用品のレンタルについて】
      Avda.San Martinという通りにたくさんあります。
      安いと聞いていた「EOLIA」という店はもう営業しておらず、
      他はどこもだいたい値段が同じ。
      ■2人用テント・寝袋・マットのセットで110アルペソくらい
      ■その他 ガスコンロ 20アルペソ 調理用具20アルペソ
      ガスは購入すると55アルペソくらいだったので、
      私たちは今回ガスコンロは持たず、パンなどで1泊過ごしました。

      【フィッツロイ山のトレッキングについて】
      入山料無料で個人で歩くことができます。
      ツーリストインフォメーションなどで、地図をもらうことができます。
      「Poincenot」というキャンプ場まで
      一番簡単なルートで、行き4時間半、帰り2時間強
      (2013年1月中旬で日没21:00 日昇5:30)

      【フッツロイの朝陽について】
      「Poincenot」キャンプサイトから「Laguna de los Tres湖」まで
      行き1時間15分、帰り1時間
      ゴツゴツした岩の登り道です。ヘッドライト・防寒着必須。

      【トレッキングに必要なもの】
      □ヘッドライト □虫除け(この時期アブが大量発生) □冬並みの防寒着(朝晩用)
      □飲料水は途中の川・湖で汲む事ができます。
      この時期の気候は、昼間長袖+上着 夜間それ+レインジャケットくらい

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |08:47| パタゴニア | comments(4) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      スポンサーサイト
      0
        |08:47| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        なかま がいる。  いいね
        そんな紀行ですね。
        安心感がつたわってきます。
        単独行動の時も、この大地の   あのへん  にいるかな?
        って。
        そういう  なかま  への信頼感が伝わってきます。
        嗚呼  もうちょい  いや  ぐぐっと  若かったらな。
        パタゴニア行って見たいですね。

        PS:谷(広い!)と遠くを見下ろす写真が、ロード オブ ザ リングの  目的の地への 途中の峠の ようですネ。

        また、訪問します。
        posted by なかま | 2013/02/19 10:30 PM |
        こんにちは。2回目のコメントです(^-^)
        最初から読み直して、やっとリアルタイムにたどり着きました♪
        みなさんおっしゃるように、ほんとうに写真がキレイで。
        何が違うのかな?と思いながら読んでいましたが、スヤさんの写真は優しい色をしてるんだ!と気づきました。
        きっと人柄がでているんでしょうね(^-^)
        今さらですが、クレジットカードの件、大変でしたね。
        もしも、気が向いたらでいいのですが、その件も記事にしていただけたらなと思います。
        旅を考えてる人やこれから行く人にたいして注意の意味も含めて。私もいつか行けたらなと思っているので、参考にさせていただけたらなと思います。
        あまり思い出したくないことでしょうし、気に障ったらごめんなさい。
        posted by SUN | 2013/02/20 11:40 AM |
        >なかまさん

        いと、うつくしを読んでくださってありがとうございます。
        そしてコメントいただけてとても嬉しいです。

        ひとりの旅も自由でよいですが、こうやって仲間と出会ったり
        再会したりするのもまた、旅の楽しみですね♪

        南米では自分よりもずっと年上の旅人さんに会ったりもします。
        なかまさんも、ぜひいつか行ってみてください!

        ロードオブザリングの景色、共感です(^^)
        私もパタゴニアでは常にそれを連想してました♪
        posted by SUYA | 2013/02/21 12:08 AM |
        >SUNさん

        2回目のコメント、ありがとうございます♪とても嬉しいです。
        そして、ブログを始めから読んでくれたと知って、
        とても感激しました。
        本当にありがとうございます!

        友人いわく、私の気分が写真の色合いでわかるそうです笑
        淡い色の写真が撮れているときは、
        きっと穏やかな気持ちのときなんだと思います^^

        クレジットカードの件、心配してくださってありがとうございます。
        自分の注意不足なので、ブログに書くのもお恥ずかしいと思っていましたが、
        そうおっしゃって頂けるなら書こうかな?
        あと2回くらいでそこの話までたどり着けると思うので、
        よかったら見てくださいね^^
        posted by SUYA | 2013/02/21 12:15 AM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://ito-utukushi.jugem.jp/trackback/222
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.