| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    実はクレジットカード盗難に遭ったんです。
    0

      あーあ。ついに盗まれちゃったね。ねーにゃんちゃん。

      現在地:ボリビア・スクレNOW!
      現在世界一周ランキング8位くらいにランクUP中!いつも応援ありがとうございます♪
      《初めてブログを見てくださったみなさんへ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを押すと、ランキングに投票されるしくみです。
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      (今回、文章に関する写真はないため、
      ネコちゃんとサンティアゴの風景をお楽しみ下さい。)


      パタゴニアの大自然を満喫し、チリへ戻るバスの中。

      そのバスで、事件は起こった。



      アルゼンチンのバリロチェという町から、

      国境を越えて、チリのプエルトモンまで。



      比較的治安のよかったパタゴニア地域。

      昼間のバスだったので、少し気も緩ませ、

      隣に座るヨシさんと話しながら乗っていた。

      バックを自分の足元、前の座席の下くらいに置いて。


      終点の数時間ほど手前。

      一人の現地人男性が乗ってきた。

      白っぽい襟付きシャツに、ベージュのチノパン、

      小太りでメガネをかけ、

      どちらかというと比較的小奇麗な印象のおじさんだった。

      彼は私たちの斜め前の座席に座った。


      終点の1時間ほど手前。

      バスは何人もの人が途中で降りて、客足もまばらになっていた。

      私たちの目の前の席も空き、

      そこに斜め前に座った比較的小奇麗なおじさんが移動してきた。

      「きっとたくさん座席が空いたから、窓際に移動したんだろうな。」

      そう思って深く気に留めず、話を続けた。



      ちなみに。


      ヨシさんとの話の議題はそう、「30年後の自分」

      なんとも夢膨らむ議題じゃないか。


      終点より一歩手前の駅。

      比較的小奇麗なおじさんは降りていった。





      終点。

      「今回のバスは快適だったなぁ」なんて思いながら、

      よいしょとバックを床から座席へ持ち上げる。

      あれ?

      チェーンベルトでカバンにくくりつけてあるはずの、サイフがない。




      このときは、盗難なんて考えもせず、

      きっと何かのはずみで落ちたのだろうと、

      バックの中や、座席の下を探す。

      あれ?

      やっぱりない。

      まぁあのサイフには日頃小銭しか入れないし、

      なくなったとしても被害は少ないけど。


      ヨシさんが私に聞く。

      「お金以外何か入ってなかった?本当に大丈夫?」


      よくよく考えてみる。

      あ。



      普段マネーベルトに入れているクレジットカード2枚を、

      今日に限ってそのサイフに入れたままにしていた!



      ここでようやくことの重大さを認識。

      青ざめながら、もう一度バスの中とバックの中を探す。

      バスの乗務員にも報告して一緒に探すも、見つからない。

      怪しいのは、途中から乗ってきたあのおじさん。

      途中から乗ってきたから、名簿に名前もない。



      「きっと盗まれたね。でもバス会社としては保障できないよ。」

      と言われて、あきらめバスを降りる。

      こうなったら、一刻も早くカードを止めるしかない。


      wifiつきの宿を探して歩いているあいだ、

      気が気じゃなかった。

      なんとか冷静さを保っていたけれど、

      頭の中はほぼ真っ白だった。




      宿は比較的すぐ見つかって、

      すぐにスカイプクレジットでカード会社に電話をした。

      意外にもあっさり、

      カードの停止と日本の住所への再発行・郵送をしてくれることになった。

      ちなみに片方のカードで数回、

      ATMからお金を引き出そうとした形跡があったらしい。

      暗証番号の不一致で、引き出されずに済んだ。


      とりあえず、急ぎの手続きは終わって、

      夜のプエルトモンの夜景を見ながら、ベランダでタバコを吸う。

      ひと段落すると、

      今度は感情が頭をグルグル回り始めた。



      被害はサイフの中の1000円程度の現金と、

      クレジットカード2枚、タイで作った偽国際学生証のみで済んだ。

      同じくバックに入れていたマネーベルトの大金や、

      パスポートは全部無事だった。

      どちらかと言うと、ラッキーだった。




      だけど、これからどうする?と考えた時に、

      「帰国」の二文字が浮かんでくるくらい、落胆していた。



      その日に限って、カードを普段使いのサイフに入れていた。

      その日に限って、バックを床に置いていた。

      一人の時はしない油断をしてしまっていた。

      そんな自分への不甲斐なさと自己嫌悪でいっぱいだった。



      アジアもヨーロッパも中米もペルーもボリビアも、

      危ないとされるところを守り抜いてここまできたのに。

      こんな安全ところで盗まれてしまうなんて。


      落ち込む私に、

      隣でタバコをふかすヨシさんは、こう言った。

      「こういうとき、盗まれたヤツが悪いって言う人がいるけど、

      やっぱり盗む人が悪いと思うよ。人の物盗むヤツは、やっぱり悪い。」


      その言葉に、少し救われた。



      次の日、私はその事を笑い話にして、旅を続けることにした。

      ここで帰ったら、旅の終わりが嫌な記憶になってしまう。

      格好悪くても、自分の旅を全うして帰ろう。


      こんな時だから、人の優しさが浸みる。

      フェイスブックでは、

      たくさんの人に心配や励ましのメッセージをもらった。

      何人かの人は、お金を貸そうかとまで言ってくれた。

      「今近くにいるから、力になれることがあれば」と。

      この場をお借りして、みなさん本当にありがとうございます。



      サンティアゴに着いて、旅の仲間に再会すると

      やーいとバカにして笑い話にしてくれた。

      なんだか妙に気が楽になった。



      教訓。

      まぁ大丈夫か、と気を抜いたときにソレは起こる。

      一人のときより、二人のとき(話しているとき)が狙われやすい。



      Now Playing:電気グルーヴ「NO」


      今日も読んでくださってありがとうございます。
      ↓頑張れ!のワンクリックお願いします♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      【カラファテ→バリロチェ】
      バス 毎日 16時発翌朝8時着 28時間 900ペソ

      【バリロチェの宿】
      国際ユースホステル ひとりドミ80ペソ(国際ユースカード提示で)
      朝食付き・wifi・キッチン・ホットシャワー・ビリヤード・卓球台有
      バスターミナルを背に大通りを右方向に前進、すぐ左手にある大きなホステル

      【バリロチェ→プエルトモン】
      バス 毎日 12時発 6時間 140ペソ

      【プエルトモン→サンティアゴ】
      バス 毎日 12時間 最安10000チリペソ〜

      ※パタゴニアから抜ける際、「Lade航空」という航空会社で
      カラファテ→ブエノス間安く買えます(15000円片道程度)
      ただシーズン中は混み合い取れないことが多い。
      私たちも取れず、できるだけ安く北上するため、
      早めにアルゼンチンを抜け、チリ側をバスで移動することにしました。
      (アルゼンチンはバスが高い)

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |21:18| チリ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      スポンサーサイト
      0
        |21:18| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        何よりスヤさんが無事で良かったです。
        これからも元気に旅続けてください!!!
        posted by はまっこ | 2013/02/23 10:36 PM |
        そうですよ。悪い奴はどこにでも入る。
        負けないでくださいね。
        posted by kyotomodelfores | 2013/02/24 8:56 PM |
        大きな被害にあわれなくて本当に良かったです!
        教訓、胸に刻んでおきます(`´)
        posted by mia | 2013/02/25 4:27 PM |
        >はまっこさん

        いとうつくしを読んでくださってありがとうございます♪
        そしてコメント頂けてとても嬉しいです。
        暖かい言葉、励まされます。

        本当に、身体が無事だったことが何よりだな、と思いました。
        これからも元気に旅を続けたいと思います!
        見守っていてくださいね^^
        posted by SUYA | 2013/02/25 8:45 PM |
        >kyotomodelfores さん

        いつも見ていてくださってありがとうございます♪
        そして励ましのコメントも、とても嬉しいです。

        確かに、おっしゃるとおりどんなに平和でフレンドリーな人々の
        国でも、悪い人はいますもんね。
        肝に銘じて、これからも負けずに旅を続けます!
        posted by SUYA | 2013/02/25 8:47 PM |
        >miaさん

        いつも見てくださってありがとうございます♪
        そして心配してくださってうれしいです。

        結果的な被害額は少なくて済んだので、よかったです。
        これからもこの教訓を忘れず旅を続けていきます!
        posted by SUYA | 2013/02/25 8:50 PM |
        記事にしていただき、ありがとうございます。
        わたのしの友人はタイでカード詐欺にあい、クレジットカード2枚やられました。
        ですがその後は人に恵まれ、旅を続けることができました。
        世の中には良い人も悪い人もいます。
        辛い時こそ人の優しさが身にしみますよね。
        なにより、大きな被害にあわれないで本当によかったです。
        どんな時でも気を抜かない。肝に銘じておきます。
        これからも気をつけて旅を続けて下さい。
        posted by sun | 2013/02/26 2:16 PM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://ito-utukushi.jugem.jp/trackback/225
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.