| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    学校へ行こう。
    0

      ノンカーイで列車を待つ時間。
      素敵な出会いがありました。

      《初めてブログを見てくれた人へ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
      (PCとスマートフォン対応)
      現在11位をキープ中!もうちょいで10位!いつもクリックしてくれるアナタのおかげです♪
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      朝イチで列車のチケットを買いに来て、
      一番安い三等シートを手に入れました。


      夜行列車まで、あまった時間。
      どうしようかと思いながらトボトボ歩いてみる。

      ジリジリと突き刺すような日差し。
      飲んだ分だけ溢れ出す汗。

      歩くこと20分。
      大きな小学校に辿り着きました。

      日陰がオアシスのように見えた私は、
      はしっこでこっそりと入ってしゃがみこんでました。

      すると、さっそく元気の良い男子の集団に発見され、
      写真撮影会の始まり!


      何度も何度も、「もう一回撮って!」

      そのうち騒ぎが大きくなってきて、
      子供たちに職員室に連れて行かれる。。。


      職員室にいたキレイな女性の先生に
      「なんでここに来たの?」と質問を受けます。


      それもそのはず、
      ここは観光スポットなんてひとつもないエリアだし、
      外国人が入ってきたらビックリするのは当然ですよね。


      「列車まで時間があって、フラフラしていたら辿り着いた」
      「自分はショッピングには興味がなくて、タイの人の暮らしが見たい。」
      ということを説明します。

      すると、今度は校長先生まで現れてしまいました。
      同じことを説明すると、

      わかってくれたのかにっこりと笑顔で
      「そうゆうことなら、どうぞ。自由に校内を歩いてください。」
      っと言ってくれました。


      出してくれた茶菓子とコーヒー。
      甘くて、疲れが吹っ飛びました。



      食堂の場所も教えてくれて、
      ありがたく、45円ほどの格安ご飯を頂きました。




      食堂で仲良くなった女の子たち。
      最初は恥ずかしそうにしていたけど、
      そのうち紙にタイ語を書いて、なにやら教えてくれました。


      職員室に緊張した様子で訪れる生徒。


      校庭でゴムボールサッカー。
      女子もとっても上手!

      ぼーっとしていると、
      また別の女の子たちが声を掛けてくれました。
      一生懸命知っている日本語と英語で話してくれます。

      日本が好きなようで、

      日本人だと言うと、「キャー!!!」と歓声。
      そしてなぜか、私のことを「ティーチャー」と呼ぶ。

      「ティーチャー、いつまでここにいるの?」
      「ティーチャー、彼氏はいるの?」
      「ティーチャー、日本の写真はないの?」

      質問の嵐。


      お別れのときには、
      「ティーチャー、ハグ!」といって
      みんなとハグ。
      姿が見えなくなるまで、手を振ってくれて、
      ちょっぴり、うるるときました。


      とっても素直なみんなに、笑顔と元気をいっぱいもらえて、

      ふたたび駅に向かったのでした。


      Now Playing:フジファブリック「Chocolate Panic」

      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |18:50| タイ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      スポンサーサイト
      0
        |18:50| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        すごく、現地に溶けんでますね。羨ましい。私は、色々な本読みすぎてなんだか一人旅が怖くなりつつあります(笑)
        でも、やっぱりブログ見ると早く行きたくなります。
        posted by 早耶香 | 2012/03/04 8:39 PM |
        ラオスに行った時に「子供が可愛いね!」と言った事があります。
        その時に、「発展途上国の子供って可愛いと皆が言うね」と言われた事があります。

        発展途上国の子供達だけが可愛いとは思いません…たまたま、そこにいた子供が可愛いかっただけなのに…

        しかし、南米でも、白人系主体の国の子供は近寄っても無関心な事が多いです。

        インディヘナ主体の国は、「オラー!」と言うと親の方が「オラー!と言いなさい。」って言ってくるし、一回遊ぶと離してくれない。

        多分、こういう事から、日本人は発展途上国の子供は可愛いと言ってしまうのかと思った。
        posted by オホーツク | 2012/03/05 11:15 AM |
        すごく楽しそうですね!
        世界一周ならではという旅のような気がします。

        子供たちの笑顔が可愛いですね☆
        人懐こいですね(^^)

        posted by えり | 2012/03/05 5:25 PM |
        >サヤカさん
        いつも読んで頂いてありがとうございます♪

        現地人に溶け込むことが、この旅の私の目標です笑

        何があってもおかしくない世界ですから、
        怖くなる気持ちはわかります。
        そして100%恐れがなくなってしまったら、
        きっと悪いことに遭う気がします。

        恐れを持ちつつ、どこまで心を開く勇気を持てるか、
        その見極めがすごく難しいけれど、
        そのぶん仲良くなれたときの感動もひとしおです!
        posted by SUYA | 2012/03/07 12:58 PM |
        >オホーツクさん

        いつも、見ていてくれてありがとうございます♪

        そうですね、私も、発展途上国の子供ほど、無垢でカワイイな
        と思ってしまいます。

        バンコクでも、街中に行くとやっぱりこなれてるというか、、

        「発展途上国だから」って限定はしたくないけれど、
        笑顔がステキだったり、スレてなかったり、
        そうゆう子は可愛いですよね。

        お返しできる何かを考えています(^^)
        posted by SUYA | 2012/03/07 1:01 PM |
        >えりさん
        読んで頂いてありがとうございます♪

        どこに行っても、子供はかわいいですね♪
        時間がある旅じゃないと、なかなかできないですよね。

        これからも旅の出会いをお伝えしていきますね(^^)
        posted by SUYA | 2012/03/07 1:08 PM |
        いつもわくわくをありがとうございます。
        自分がアジアを旅したときは、旅友達作らなきゃ、とか遺跡見て回んなきゃ、スマートに移動しなきゃ、みたいな自分で作った固定観念に囚われて、ちょっと後悔が残った気がします。
        だから、すやさんのように、自分のやり方とゆうか目標をしっかり持って旅されてるのがすてきだなぁと思います。
        同じ札幌出身、これからも応援してます。
        posted by つー | 2012/03/08 9:02 PM |
        >つーさん

        いつも読んでくださって、コメントもくれて、ありがとうございます♪
        すごく嬉しいです。

        私も最初、こうしなきゃいけない!みたいな感覚感じました!

        私は逆に、ガツガツ観光スポットを回ったりできないタイプなので、
        見所をしっかり抑えて回っている旅人さんがうらやましく感じるときもあります。。。

        でも、どんな旅がしたいかなんて、人それぞれですもんね(^^)
        自分らしく、旅をしていこうと思います♪
        これからもどうぞよろしくお願いします(^^)
        posted by SUYA | 2012/03/11 4:53 PM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://ito-utukushi.jugem.jp/trackback/62
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.