| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    インドの家族。
    0

      12日間しかいなかった私のことを
      「娘」や「妹」と呼んでくれた、家族のような人たち。

      《初めてブログを見てくれた人へ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
      (PCとスマートフォン対応)

      現在インドバナラシNOWです!
      ランキング15位!NET環境悪く更新遅れましたが、10位台目指して挽回します♪
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


      ディスカバリーゲストハウスのオーナー、ラジュは3兄弟。

      長男がラジュ、次男がムサ、三男がアリ。


      次男のムサと三男のアリは、近所の作業場で働いていて、
      夜になると私が泊まっているゲストハウスにやってきます。

      会うと、いつも笑顔で日本語の挨拶。
      「おはようございます〜。元気ですか〜?問題ない〜?」
      そして何か困ったことがあったらいつでも言ってね、と声をかけてくれます。


      私は、毎日のように彼らの作業場に遊びにいきました。

      「おー!カナー!」いつも笑顔で迎えてくれ、
      慌ててパイプイスを出して、狭い作業場の真ん中に座らせてくれます。


      「今日はドラム缶のフタを切るためのマシーンを作っている」という彼らは、

      ジブリ映画の中でしか見たことないような機器を
      ウィーンと動かして働いている。

      ごつごつした大きい手は、いつもオイルで真っ黒。

      物を渡すときは、ボロボロの作業用Tシャツに、
      その手をこすりつけてから物を渡す。

      どこからともなくチャイやアイスクリームがやってきて、
      「カナ、食べなさい、飲みなさい。」と与えてくれます。


      ある日のこと、私はいつものように彼らの作業を眺めていました。

      眠たくなってきて、ふわっとあくびを2,3回、涙が出てきた。

      その時、アリとムサと目が合って、彼らのニコニコが急変。
      「カナ。。。どうして泣いているんだい?」と本気の顔で心配してくれます。

      アハハと笑う私。
      あくびだと知ってホッとするムサとアリ。

      なんて良い人たちなんだろう、それこそ涙が出そうだよ。

      ムサとアリは、何度か私を家族の食卓へ招待してくれました。

      ラジュ・ムサ・アリには全部で9人の子供がいます。


      アリの息子アスフィアはまだ3歳。
      英才教育により、すでに日本語を少し話せます。

      「おはようごあいます〜。」「ダメだよ〜。」「問題ない〜。」

      人見知りしない、カワイコちゃん。
      手を差し出すと、すっと手に触れて、ギュギュと握って離しません。


      ムサの娘、8歳のリアナ。

      お道具箱を持ってきて、ガサガサあさると、
      大切そうな指輪を私の指にはめてくれました。

      ママのおさがりみたい。
      私は代わりに、タイで買ったイヤリングをあげました。

      その日から私の名前を覚えてくれて、
      会うたびに「カナー!」と駆け寄って、抱きついてくれます。


      ラジュの娘さんが描いてくれたヘナ。
      数週間たつと消えるタトゥーのようなもの。

      普通だったらお金を払って描いてもらうものだけど、
      ムサとアリの好意で、無料で描いてもらえました。


      インド人にとって、家族はとても大切なもの。
      何をするのでも家族優先だし、一週間離れて住むなんて考えられないほど。

      そしてインド人と話すと、必ず家族構成を聞かれる。

      うちは親が離婚したんだよ、なんて話すと
      とても悲しそうな顔をする。

      そして兄とも母とも別々に暮らしているよ、なんて話すと
      もっと悲しそうな顔をします。


      日本ではひとり暮らしなんてめずらしい話じゃないし、
      さして何も感じなかったけれど、

      インドの家族の輪の中に入れてもらえて、
      一瞬でも「マイドーター」「マイシスター」と呼んでもらうと、

      なんだか離れがたいような、じんわりと込み上げてくるものがあります。


      予定をもう少しだけ延ばして、
      インドの家族との時間を、ゆっくり過ごそうと思います。


      Now Playing:ハナレグミ「家族の風景」


      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |19:51| インド | comments(8) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      スポンサーサイト
      0
        |19:51| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        インドはまってるね~!

        なんか家族も優しそうだし、居心地超良さそうだね♪
        ウルルン滞在記みたい 笑

        すーやんの写真見てると私も旅したくなるよ!
        これからも素敵な写真楽しみにしてるからね☆
        posted by まよ | 2012/05/03 8:55 PM |
        >まよ
        いつも見てくれてありがとう(^^)

        ほんとウルルンかアドマチっぽいよねw
        インドにこんなに良い人たちがいるなんて
        思ってなかった自分にごめんなさい笑

        これからも世界の風景をUPしていくね。
        たまに見ていてくれたらうれしいよ(^^)
        posted by SUYA | 2012/05/03 9:29 PM |
        なんか、げっそりしてるけど大丈夫??そんなすーやんにドキッとするわよ!わけわかってるのか、あなたの写真センスはピカイチです。いっつも見るだけ見てます。
        posted by しょういち | 2012/05/03 10:05 PM |
        >しょうちゃん

        あらま、しょうちゃん見ていてくれてるのね(^^)
        ありがとう!
        しょうちゃんの写真に比べたら、私の写真なんて
        インドの牛の糞です。

        ゲッソリしてるのは、ノーメイクのせいかと。。。
        posted by SUYA | 2012/05/03 10:34 PM |
        なんか心がジーンとしたよ(T ^ T)
        素敵なお話シェアしてくれてありがとう!!
        こんないい人たちと巡り会えてよかったね( *´艸`)
        posted by あさみinBangkok | 2012/05/03 10:37 PM |
        いい旅だなー。もうちょい先だろうけど、お別れの時は泣いちゃうなー、想像した私が(笑)
        posted by 香織 | 2012/05/04 1:39 AM |
        >あさみさん

        ブログを見てくださってありがとうございます♪
        本当に、こんな優しい人たちと巡り会えてとても幸運でした。
        もし自分が日本にいて、見知らぬ外国人を迎えた時に
        ここまでのもてなしができるかといると自信がないです。。。
        posted by SUYA | 2012/05/04 5:33 PM |
        >香織さん

        いつも読んでくださってありがとうございます(^^)
        はい、もうジョードプルを離れたのですが、
        お別れの日は一日ブルーでした。。。ブルーシティだけに。

        また後日、ブログUPしますね(^^)
        posted by SUYA | 2012/05/04 5:35 PM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://ito-utukushi.jugem.jp/trackback/83
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.