| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

いと、うつくし。


So beautiful. -スヤの世界一周ブログ-
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    いつものようにサヨナラ。
    0

      明日、命に終わりが来るとしたら、何をする?
      私はたぶん、大好きな人と、いつも通りに過ごすのだろう。

      《初めてブログを見てくれた人へ》
      世界一周ブログランキングに参加しています。
      下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
      (PCとスマートフォン対応)
      現在10位にランクUP!いつも応援してくれている皆さんのおかげです♪ありがとう!
      ↓ワンクリックで応援してね♪↓
      にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



      ジョードプルを離れる最後の日。

      見逃した観光スポットもたくさんあったけれど、
      いつもどおりの一日を過ごすことにしました。

      ムサとアリの作業場に遊びにいって、彼らの作業を見る。
      チントゥーが来て、シャーロックが来て、
      さとうきびをじぼったジュースを飲む。


      夜にはアリとムサのお家にお邪魔しました。


      3歳のアスフィアは小さなリュックサックから黒板を取り出して
      飛行機雲のように勢いよく線を描いて見せる。

      次にエンピツを取り出して黒板に描こうとしていたので、
      私はバックから紙を取り出して渡す。


      インドでも有名な、
      ドラエもん・コロ助・しんちゃんを描いて渡す。

      お別れの時間。
      いつものようにアスフィアを抱きしめて、
      「フィルミリンギー(またね)」と声をかける。

      わかっているのかな?今日でお別れだってこと。
      わかっていないアスフィアは、いつもどおり陽気な表情。



      そして、ムサとアリとの別れ。

      時には父親のように、時には兄のように、
      いつも私を心配し、見返りを求めず与えてくれた二人。

      ハグでお別れしたかったけれど、インドの礼儀にしたがって握手でお別れ。

      いつもなら玄関まで見送ってくれるムサが
      今日は背を向けたまま、居間から出てこなかった。

      きっと私がすぐ泣いてしまうから、
      彼は、出て来れなかったんだろうな。

      なんとなくそうわかったから、遠くからさようなら。



      ジョードプルに辿り着いた最初の日、
      私は青い町並みを見るためにここに来て、
      ほんの数日間滞在する予定でした。

      次にこの町の景色に恋をして、次に素敵な人たちと出会い、
      気づけば町並みを見るのも忘れて、毎日話ばかりしていました。



      別れはいつも少しだけ辛い。

      けれど、どんな国にも、素晴らしい出会いがあること、
      彼らが教えてくれたので、

      私はまた旅に出て、また出会う暮らしを続けます。


      ジョードプルと、その町に住む人たちに愛を込めて。
      Now Playing:bonobos「GOLD」


      * * * * * * * * *
      ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
       ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
        ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
      http://twitter.com/#!/itoutukushi
       スマートフォン・携帯の方は
      「itoutukushi」で検索してね♪
      * * * * * * * * *
      |19:40| インド | comments(4) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
      ベスト・フレンド。
      0

        インドによる、インド人の、はじめてのお友達!

        《初めてブログを見てくれた人へ》
        世界一周ブログランキングに参加しています。
        下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
        (PCとスマートフォン対応)
        現在12位にランクUP!いつもクリックして応援してくれている皆さんに感謝の日々♪
        ↓ワンクリックで応援してね♪↓
        にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


        私がいつものように、ムサとアリの作業場で話していると、
        彼らの甥っ子のチントゥーくん23才大学生が現れる。


        最初、チントゥーくんは苦手だった。

        気取ったサングラスをかけて、流暢な英語で
        「あの国の大統領知ってる?」「あの独裁者知ってる?」

        と難しい質問をしてくる。

        「知らないよ。」と言うと、「何も知らないんだね!」と笑う。

        最初はカチンときたけれど、
        そのうちそれが彼のお決まりのファーストトークなだけだと知る。


        日本語を一生懸命メモして覚えようとしている。
        私が分からない英語は、何度もわかるまで説明してくれる。

        なんだ、口は悪いけど、ハートは良いヤツじゃん!
        初めてナンパ・セクハラ心配せず仲良くなれたインド男子。


        日本語NGワード「アホか!◎×△×○!」を連発してくる彼に
        私もヒンディー語NGワード「クソガキ!」「クレイジー」で応戦!

        そんな会話ばかりして、気づいたら私たちはベストフレンドになる。





        ある日、ラジュおじさんと宿ヘルパーの男の子シャーロック(上写真右)と
        チントゥーと私の4人で、チキンを食べに行くことに。


        2台のバイク、私とラジュ、チントゥーとシャーロックに分かれて並んで走る。

        チントゥーもシャーロックもまだ20代前半のやんちゃボーイ。

        うしろを走る二人に冗談で、中指を立てて「FUCK」のポーズをしてみる。
        二人はニヤリと笑って、アクセル全開で追い抜かしていく。

        ラジュおじさんが「おー!チントゥーモンキー!」とあきれる。
        なんだか私まで、20代前半に戻った気分。



        私がジョードプルを出る最後の夜。

        バイクを走らせて、宿まで挨拶に来てくれたチントゥー。
        「一の蔵」と書かれた勝負Tシャツを着て現れた彼から、一枚の紙を受け取る。

        大学ノートを破ったような紙、それは
        日本語、ひらがなとカタカナで書かれた手紙でした。


        「こんにちは、カナ。おげんきですか?わたしはげんきです。
        あした、いらっしゃいますか。しんぱいしないでください。」


        私は彼にいくつかの日本語を教えたけれど、
        「ひらがな」なんて一度も教えたことなかったのに。

        この手紙を書くのに、いったい何時間かかったんだろう。
        ってか、あんたテスト前でしょう。

        ちょっとだけ間違っている文章も、いびつな文字も、
        すべてがいとおしく、泣けてきました。


        ありがとうチントゥー。
        You are my Best Friend!

        Now Playing:bonobos「GOLD」


        * * * * * * * * *
        ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
         ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
          ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
        http://twitter.com/#!/itoutukushi
         スマートフォン・携帯の方は
        「itoutukushi」で検索してね♪
        * * * * * * * * *
        |18:05| インド | comments(8) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
        インドの家族。
        0

          12日間しかいなかった私のことを
          「娘」や「妹」と呼んでくれた、家族のような人たち。

          《初めてブログを見てくれた人へ》
          世界一周ブログランキングに参加しています。
          下のアイコンを一日1回クリックしてくれると、ランキングが上がるシステム。
          (PCとスマートフォン対応)

          現在インドバナラシNOWです!
          ランキング15位!NET環境悪く更新遅れましたが、10位台目指して挽回します♪
          ↓ワンクリックで応援してね♪↓
          にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


          ディスカバリーゲストハウスのオーナー、ラジュは3兄弟。

          長男がラジュ、次男がムサ、三男がアリ。


          次男のムサと三男のアリは、近所の作業場で働いていて、
          夜になると私が泊まっているゲストハウスにやってきます。

          会うと、いつも笑顔で日本語の挨拶。
          「おはようございます〜。元気ですか〜?問題ない〜?」
          そして何か困ったことがあったらいつでも言ってね、と声をかけてくれます。


          私は、毎日のように彼らの作業場に遊びにいきました。

          「おー!カナー!」いつも笑顔で迎えてくれ、
          慌ててパイプイスを出して、狭い作業場の真ん中に座らせてくれます。


          「今日はドラム缶のフタを切るためのマシーンを作っている」という彼らは、

          ジブリ映画の中でしか見たことないような機器を
          ウィーンと動かして働いている。

          ごつごつした大きい手は、いつもオイルで真っ黒。

          物を渡すときは、ボロボロの作業用Tシャツに、
          その手をこすりつけてから物を渡す。

          どこからともなくチャイやアイスクリームがやってきて、
          「カナ、食べなさい、飲みなさい。」と与えてくれます。


          ある日のこと、私はいつものように彼らの作業を眺めていました。

          眠たくなってきて、ふわっとあくびを2,3回、涙が出てきた。

          その時、アリとムサと目が合って、彼らのニコニコが急変。
          「カナ。。。どうして泣いているんだい?」と本気の顔で心配してくれます。

          アハハと笑う私。
          あくびだと知ってホッとするムサとアリ。

          なんて良い人たちなんだろう、それこそ涙が出そうだよ。

          ムサとアリは、何度か私を家族の食卓へ招待してくれました。

          ラジュ・ムサ・アリには全部で9人の子供がいます。


          アリの息子アスフィアはまだ3歳。
          英才教育により、すでに日本語を少し話せます。

          「おはようごあいます〜。」「ダメだよ〜。」「問題ない〜。」

          人見知りしない、カワイコちゃん。
          手を差し出すと、すっと手に触れて、ギュギュと握って離しません。


          ムサの娘、8歳のリアナ。

          お道具箱を持ってきて、ガサガサあさると、
          大切そうな指輪を私の指にはめてくれました。

          ママのおさがりみたい。
          私は代わりに、タイで買ったイヤリングをあげました。

          その日から私の名前を覚えてくれて、
          会うたびに「カナー!」と駆け寄って、抱きついてくれます。


          ラジュの娘さんが描いてくれたヘナ。
          数週間たつと消えるタトゥーのようなもの。

          普通だったらお金を払って描いてもらうものだけど、
          ムサとアリの好意で、無料で描いてもらえました。


          インド人にとって、家族はとても大切なもの。
          何をするのでも家族優先だし、一週間離れて住むなんて考えられないほど。

          そしてインド人と話すと、必ず家族構成を聞かれる。

          うちは親が離婚したんだよ、なんて話すと
          とても悲しそうな顔をする。

          そして兄とも母とも別々に暮らしているよ、なんて話すと
          もっと悲しそうな顔をします。


          日本ではひとり暮らしなんてめずらしい話じゃないし、
          さして何も感じなかったけれど、

          インドの家族の輪の中に入れてもらえて、
          一瞬でも「マイドーター」「マイシスター」と呼んでもらうと、

          なんだか離れがたいような、じんわりと込み上げてくるものがあります。


          予定をもう少しだけ延ばして、
          インドの家族との時間を、ゆっくり過ごそうと思います。


          Now Playing:ハナレグミ「家族の風景」


          * * * * * * * * *
          ■世界一周ツイッターでつぶやきちゅう■
           ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
            ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
          http://twitter.com/#!/itoutukushi
           スマートフォン・携帯の方は
          「itoutukushi」で検索してね♪
          * * * * * * * * *
          |19:51| インド | comments(8) | trackbacks(0) | posted by いと、うつくし。 - -
          << | 2/8 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.